Home>フラクセル2の副作用について

フラクセル2の副作用ってあるの?

フラクセル2治療のダウンタイムには個人 差がある

 

フラクセル2を受けるにあたって、 気になることのひとつが副作用についてだと思います。

 

施術してから回復するまでの期間のことを ダウンタイムといいますが、この期間を副作用という言い方をするのであれば、 人によって状況は変わります。

 

肌質によって、この副作用ので方が違うのです。

 

平均して1日〜1週間程度、赤 みや腫れが続くと思って下さい。

 

翌日には赤みが引いたという方もいますし、 数日間は外に出られないくらい赤みが酷かったという方もいます。

 

イメージ左

ただ、治療後すぐにメイクをする事は可能です。

 

ですが、メイクはすぐにできないであるとか、 翌日にはメイクで隠せる程度になったなど 個人個人で状態は違うようです。

 

また、治療後のフラクセル2の副作用については、 それぞれの肌質だけではなく、フラクセル2の熱設定によっても違います。

 

もし不安があれば、医師に治療前後に相談することをおススメします。

 

ちなみに、熱設定を低めにしてもらうことで、それだけ副作用は少なくなりますが、 効果も少なくなります。

 

また、治療後の肌はデリケートなため、色素沈着を 起こしやすくなっています。

気になる場合は、ビタミンCやハイドロキノンなどによる 美白治療を併用することで対処します。

 

痛くない最新の治療を提供 こちら シロノクリニック

フラクセルとフラクセル2の副作用の違い

 

当サイトではフラクセル2をおススメしていますが、 従来のフラクセルとはいったいどのように違うのかご存知でしょうか?

 

フラクセル2は、簡単にいうと、 フラクセルの安全性や効果がパワーアップしたものです。

 

フラクセルは痛みが強い治療というイメージが強いかと思いますが、 フラクセル2では、この痛みがかなり軽減されているのが一番の特徴です。

 

また、従来のフラクセルに比べ、お肌に負担をかけないので、 治療後の回復のスピードがはやいことも魅力のひとつです。

 

では、ここでフラクセルとフラクセル2の違いをもう少し明確にしてみましょう。

 

 

従来のフラクセルと比較したフラクセル2のメリット

 

・熱ダメージを受ける領域が一定なため、 痛みや赤みによる副作用が少なくなく、 高いエネルギーで治療できるので効果が大きくなった。

 

・症状によりレーザーの照射の深さを変化できる

 

・新型のチップにより、照射部分が見やすくなった。

(従来のフラクセルは緑色の色素を顔に塗る必要がありました。 なかなか落ちなくて、3日経っても毛穴に健在なんて声も。。)

 

 

フラクセルに比べてフラクセル2は、痛みは少なく、効果が大きな治療である という事はご理解いただけたでしょうか^^

 

クリニックを比較してみる こちら クリニック比較・ランキング

フラクセル2の副作用について考える

 

フラクセル2に限らず、レーザー治療を受けようと考えているのなら、 副作用というのはつきものです。

 

フラクセル2の副作用

基本的に、効果の高い治療であればあるほど、 治療後のダウンタイムは大きくなると考えて良いです。

 

このダウンタイムは、お肌が回復するまでの期間です。

 

この期間にお肌が生まれ変わりをしているといってもいいのです。

 

ですから、フラクセル2はもちろんですが、他のレーザー治療を考えている方も、 ダウンタイムはキレイになるための期間としてあるものだと考えて下さい。

 

しみ、小じわ、ニキビ跡、傷跡、毛穴の開き などの改善をするレーザー治療としては、 フラクセル2は副作用は少ないと言えます。

 

信頼できるクリニックで、最適な治療を受けられるといいですね。

 

当サイト一押しのクリニック こちら シロノクリニック

フラクセル2の治療をする前に、フラクセル2の副作用(ダウンタイム) がどのようなものなのか把握しておくことは大切です。

 

フラクセル2は、従来のフラクセルに比べ痛みが少なく、 その上、効果が大きいのが魅力です。

 

フラクセル2には痛みや腫れなどのダウンタイムがありますが、 多くのレーザー治療と比べると、それは小さなものです。

 

当サイトでは、フラクセル2の受けられるクリニックの比較、 口コミや料金などについての情報も紹介していますので参考にして下さい。